広島県
この味、異次元
「牡蠣食う研(かきくうけん)」研究成果第一段 白いカキフライ
「広島を世界一おいしく牡蠣が食べられる街へ」。牡蠣食う研

「広島を世界一おいしく牡蠣が食べられる街へ」。
広島の牡蠣の可能性をとことん追求する研究機関
それが「牡蠣食う研」でございます。
その研究成果として殻(ベール)を脱いだ
「白いカキフライ」がこの冬も登場いたします。
牡蠣界の常識を覆す
広島でしか食べられない、
唯一無二のカキフライを
あなたはもう味わいましたか?

「牡蠣食う研」をフォローで応援ください!

そもそも白いカキフライとは…?

広島を世界一おいしく牡蠣が食べられる街へ「牡蠣食う研(かきくうけん)」 異次元の白いカキフライ

白いカキフライの3大条件

  • 生でもおいしく食べられる広島県産牡蠣を使用​
  • 油抜けがよくサクサクに揚がる低糖度のパン粉を使用​
  • 揚げ油はラードを使用し、低温で揚げる

この3条件に高い調理技術が加わり完成するのが「白いカキフライ」。何と食すのに調味料は不要! 牡蠣そのもの…つまり「瀬戸内海の味」を感じられる、異次元の1品でございます。

幾多の困難を乗り越え​白いカキフライを提供するのはこちら​

広島版「白いカキフライ」第1号を堪能してまいりました!

提供第1号店は、牡蠣料理店出身のシェフが営むイタリアンバル。気になるお味を、さっそくレポートしてまいりました。

白いカキフライの試食レポートを読む

白いカキフライ誕生秘話

白いカキフライのメニュー化を検討される広島の飲食店の方へ

エントリーシートにご記入のうえ下記まで郵送またはご持参ください。折り返し担当者よりご連絡差し上げます。


担当:広島県観光連盟 プロモーショングループ
〒730-0011 広島市中区基町5番44号 広島商工会議所ビル 8階 TEL (082)221-6516