「観光客がさすが広島!ってうなっちゃうような、驚くほど美味しいカキフライを広島に標準装備インストールしよう!」

広島県民にとってカキフライは、外で食べるものというより、家で母親が揚げてくれる家庭料理でございます。それは愛の対象でもありますが、あまりに身近なものすぎるせいか、県外からお越しになる観光客のみなさまに、ことさらオススメするものだと考えておりませんでした。一方で東京などでは、カキフライはちょっとしたご馳走だそうです。とんかつ屋さんなどで、秋から冬にかけて期間限定でカキフライがメニューに載ると、お客さまは待ってましたとばかりに、カキフライをオーダーするのが常なのだとか。

そういうこともあり、広島にお越しになる多くの観光客さまの、広島のカキフライに対する期待は、私たちが思っている以上に大きいもの。美味しいのは当たり前……むしろ、それ以上の悦びや感動を求めているのです。

となると、

異次元のカキフライ
つくるしかございません。

牡蠣まわりの課題があれば、なんでもコミットしていくのが牡蠣食う研。観光客が広島で異次元のカキフライに出会えるようにすることは、我々のミッションに違いありません。ということで誓います! 我々は《「さすが広島!」ってうなっちゃうような驚くほど美味しい異次元のカキフライ》を開発し、それを広島の飲食店に広めていくプロジェクトを進めます!

この活動をSNSで応援ください!

みんなからの応援度(目標5000) シェア いいね! リツイート

2892応援

担当研究メンバー