REPORTvol.1

カープOB・天谷宗一郎研究員の牡蠣食う研マスク工場見学 、の巻

牡蠣食う研マスクを持った野球解説者・天谷宗一郎

着けると意外と違和感ない(笑)。これ焼き牡蠣の匂いとかつけたいですね!(野球解説者・天谷宗一郎)

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、再び移動が難しくなった2021年年始の日本。広島に来ていただいて、今が食べごろの丸々とした牡蠣を皆さんにお召し上がりいただきたいのに…!そんな無念な気持ちを込めて、この冬、牡蠣柄マスクをリリースいたします。その生産現場に牡蠣大好き野球解説者・天谷宗一郎研究員が潜入して参りました。

(取材・文/牡蠣食う研 天谷宗一郎)

いつも心に牡蠣殻を
そんな妙案はないものか

冬本番。牡蠣が美味しい季節真っただ中ですが、我々牡蠣食う研は苦悩の真っただ中にもありました。本来なら日本全国、いや世界各国の皆様に広島へ足をお運びいただき、広島牡蠣の魅力を嫌というほど感じていただきたい…のですが。ご存じの通り新型コロナウイルスの猛威が世界を襲う今、人の移動を促すことは難しく。しかし、こんな状況でも広島の牡蠣の魅力を知っていただきたい気持ちに変わりはない…。嗚呼、何か妙案はないものか。そう思いながらふと口元に手をやった瞬間、ひらめいたのでございます。

…マスク、だ…………………!と。

牡蠣食う研
牡蠣食う研

「今や老若男女問わず装着が必須となったマスク。もし、その表面に美味しそうな牡蠣のイラストが描かれていたら…?街を歩く皆さんの脳裏に牡蠣の映像がインプットされ、やがて来るべき時が来た時に、『あ、牡蠣食べたい…広島で』となりそうと言っても過言ではない…、いや、なる…………………!(ブツブツブツ)」

するとその瞬間。私の牡蠣殻にプスっと刺さる矢が一本。矢文です。古風な連絡方法に目を細めながら手紙を開くと、そこにはこんな一文が書かれておりました。

「牡蠣食う研さんこんにちは。突然ですが、牡蠣を愛する全国の皆さんのために、牡蠣柄のマスクを作りませんか?ぜひ牡蠣食う研さん印のマスクが作りたい!っていうかもう作りました!!よかったら工場に遊びに来てください。草々」

突然の、そして我々牡蠣食う研の心を読んだかのようなオファー。気づけば2021年も早々に、「牡蠣食う研」ロゴ入りの牡蠣柄マスク3種が爆誕しておりました…!

モノグラム、ワンポイント、生牡蠣柄の3種類(牡蠣食う研マスク)
モノグラム、ワンポイント、生牡蠣柄の3種類
牡蠣食う研
牡蠣食う研

「そんなわけで本日は、このマスクがどうやって作られているのか、水揚げ…じゃないや、生産の現場を訪ねてみたいと思います。工場見学をする研究員は…、あ、来た来た!」

「ほ~、ここでマスク作ってるのか…」

デザイン会社「スペースエイジ」の前に立つ天谷研究員
牡蠣大好き野球解説者、またの名を牡蠣食う研研究員

体格の良さが只者ではないこちらの御仁。本日集合した牡蠣食う研メンバーは、自身の手作り牡蠣料理をSNSにアップするほど牡蠣が好きだという、カープOBで野球解説者の天谷宗一郎研究員でございます。現役時代は牡蠣を食べるチャンスが少なかったため、引退後に秘めていた牡蠣愛が爆発。昨年は「牡蠣食う研」の春牡蠣応援大使としてキャンペーンポスターにもご登場いただきました。

牡蠣食う研の春牡蠣応援ポスター
同じく牡蠣好きであるサンフレッチェ広島アンバサダーの森﨑浩司さんとともに
牡蠣食う研
牡蠣食う研

「天谷研究員、おはようございます!さっそくお邪魔してみましょう」

「ようこそ、牡蠣食う研さん」

出迎えてくれた美女と大きな社名ロゴ
出迎えてくれた美女と大きな社名ロゴ

こちらは広島に本社を持つデザイン会社「スペースエイジ」様。カープをはじめとしたプロ野球12球団のグッズ制作や、各種WEBデザインなどを行っておられます。

これまでに手掛けたグッズが並ぶ打合せスペース
これまでに手掛けたグッズが並ぶ打合せスペース
天谷研究員
天谷研究員

「Tシャツ、マグカップ、キャップ…。カープグッズもいろいろ作ってるんですね」

美女
美女

「はじめまして。私、牡蠣食う研の皆さまをご案内させていただく『スペースエイジ』の林と申します。さっそくですが、今日は天谷さんに、当社で製造する牡蠣マスクが出来上がる様子を見ていただき、せっかくなので作業の一部を手伝っていただこうかと思っています!」

天谷研究員
天谷研究員

「え、いいんですか!?やってみたい!」

牡蠣食う研
牡蠣食う研

「よろしくお願いします!(瀬戸内海より深く一礼)」

牡蠣愛を熱転写で昇華する
「牡蠣食う研マスク」とは

そんなわけで、さっそく工場へ。

いきなり刷り上がっている牡蠣殻マスクの下図
いきなり刷り上がっている牡蠣殻マスクの下図
林さん
林さん

「こちら昇華転写プリンターです。転写用の特殊なシートにデザインをプリントして、印刷したい生地に熱でデザインを転写するプリント方法です。発色が良く、使い続けてもインクのひび割れが起きにくいのが特徴です。今回は、これを使って布マスクの生地に牡蠣の模様を転写していきます。牡蠣のシズル感をしっかりマスクに映し出せると思います」

ここからは、牡蠣柄マスクが仕上がるまでの工程を順を追ってご覧いただきます。

1 大きな機械を使って牡蠣殻を転写

一枚の専用シートに、左右に分かれた牡蠣マスクの柄が5組分プリントされている
一枚の専用シートに、左右に分かれた牡蠣マスクの柄が5組分プリントされています
林さん
林さん

「天谷さん、よかったらこの牡蠣マスクの図柄をマスク生地に転写するプレスの工程をお願いしてもいいでしょうか。ボタンを押すだけなので簡単です」

天谷研究員
天谷研究員

「やってみます!ドキドキしますね…!」

2 ボタンを慎重に押して…

左右のボタンを同時に押すとプレス機が下がってくる
左右のボタンを同時に押すとプレス機が下がってくる

3 みごとに映し出された牡蠣柄マスク

牡蠣食う研マスクを持った野球解説者・天谷宗一郎
黒を基調としたゴージャスな生牡蠣柄

4 左右の布地を縫製してマスクに仕上げる

縫子さんが丁寧に縫製していく様子をそっと見守る天谷研究員
縫子さんが丁寧に縫製していく様子をそっと見守る天谷研究員

5 できあがり!

黒マスクが牡蠣柄に変わるだけで、コーディネートがオイスターテイストに
黒マスクが牡蠣柄に変わるだけで、コーディネートがオイスターテイストに…
天谷研究員
天谷研究員

「これは…全然あり!着けると意外と違和感ない(笑)。これ焼き牡蠣の匂いとかつけたいですね!」

こうして出来上がった牡蠣柄マスク。サイズは男性も女性も使いやすい約H145×W175mm。今回天谷研究員に製造に参加していただいたもの以外に2柄をご用意しております。

普段使いからパンチアイテムまで貴方はどの牡蠣にする?

工場見学の後は、牡蠣マスクデザインに携わった「スペースエイジ」デザイナーの東 千令さんに加わっていただき、デザインのコンセプトなどについて伺ってまいりました。牡蠣をテーマにマスクのデザインを、との依頼を受けた後、天啓が降りたように一夜にして3案のデザインを完成させたとおっしゃるのですが…。

牡蠣マスクデザインについて話すデザイナーの東さまと天谷研究員
右がデザイナーの東さま。笑顔が素敵なナイスガイ
牡蠣食う研
牡蠣食う研

「東さん、素敵なデザインの牡蠣マスクが3柄も爆誕したわけですが、それぞれどのようなイメージでデザインされたんですか?」

東さん
東さん

「まず最初に思いついたのがこちら、ベージュ地に色とりどりの牡蠣のイラストを配置した牡蠣モノグラムです」

牡蠣食う研マスク モノグラム
牡蠣食う研マスク モノグラム
東さん
東さん

「実は牡蠣食う研さんの記事で、今日天谷さんが着ていらっしゃるシャツを見て、牡蠣がいっぱい描いてある柄がいいな~と思いまして」

天谷研究員
天谷研究員

「ああ!このシャツからひらめいたんですね。僕、3柄の中ではこのベージュのデザインが一番好きかもしれない。使いやすそうで」

東さん
東さん

「まさにそこを意識しました。マスクは普段使いするものなので、肌になじみやすいベージュの地の色と、淡い色のカラーリングで考えてみました。着けると右下に牡蠣食う研さんのロゴが入るようになっています。そして、より誰にでもつけやすい感じをイメージしてデザインしたのがこちらです」

牡蠣食う研マスク ワンポイント
牡蠣食う研マスク ワンポイント
東さん
東さん

「総柄だとつけるのに抵抗がある人もいるかなと思いまして、ワンポイントで考えてみました。シンプルな白いマスクをベースに、両側に牡蠣食う研ロゴと牡蠣の写真を加工したイラストを添えました。ただ牡蠣を置いた、っていうだけじゃなくて、ちょっとビンテージ感が感じられる加工にしています」

牡蠣食う研
牡蠣食う研

「牡蠣が二つでハート柄!かわいいですね。シンプルなデザインで女性に受けそうです」

東さん
東さん

「ハート柄…!そう言われるとそう見えますね。そういうことにしときましょう(笑)。そして最後に考えたのが、今回天谷さんに着用していただいたこちらです」

牡蠣食う研マスク 生牡蠣
牡蠣食う研マスク 生牡蠣
東さん
東さん

「先に考えた二つにない要素、リアルな牡蠣感を出してみました。パンチがあって、牡蠣!って感じがするデザインも作りたくて。男性の方にもちょっと面白い感じで着けていただけると思います」

天谷研究員
天谷研究員

「オイスターバーの人とかにお店で着けて貰えると嬉しいですね。これ着けてたら、この人牡蠣好きなんだな~って一目で分かりますし。それに、今なかなか県外からは広島に来てもらいにくいけど、お土産にももってこいじゃないですか!?」

牡蠣食う研
牡蠣食う研

「こちら、遠目にみると意外とシックで、黒を基調としたコーディネートのアクセントに、かっこよくも着用していただけそうです。いつか広島で観光客の皆さまと一緒に楽しく牡蠣を囲める日まで、このマスクで広島のことを思い出していただきたいですね…!」


こうして牡蠣マスクの製造現場取材を終えた、我々牡蠣食う研一行。

今回ご紹介させていただいたマスクは、牡蠣…いや下記の場所のお土産コーナーと「スペースエイジ」オンラインショップにて2021年1月15日より発売いたします。はやく全国の皆さまと広島でお会いできますように…!牡蠣に願いをかけながら、今夜は眠りたいと思います。

SHOP INFORMATION

スペースエイジ×牡蠣食う研
牡蠣食う研マスク


牡蠣食う研マスク
価格
990円+税
サイズ
約H145×W175mm
素材
ポリエステル90% ポリウレタン10%

[以下の場所でお買い求めいただけます]

  • ひろしまブランドショップTAU
    (東京都中央区銀座1-6-10 銀座上一ビルディング)
  • ひろしまブランドショップTAUオンラインショップ
    (https://www.tau-shop.jp/)
  • スペースエイジグッズショップ
    (https://sa-goods.shop/)
  • かずもとや呉服店
    (広島市中区堀川町5-1 大内ビル4階)
    TEL:082-247-5298
    定休日 水曜 / 営業時間 10:00-18:30

PRESENT INFORMATION

天谷宗一郎さん直筆サイン入りマスク
(1名様)


牡蠣食う研マスク

今回のコラボレーションを記念し、牡蠣食う研メンバー天谷宗一郎さんのサイン入りマスク(モノグラム)を、「スペースエイジ」オンラインショップにて牡蠣マスクをお求めいただいた方の中から1名様にプレゼントいたします。応募方法詳細は上記「スペースエイジグッズショップ」商品販売ページにてご参照願います。


※本記事では出演者の健康確認をした上で、撮影のため一時的にマスクを外しています。

※本記事で紹介した製造工程は、天谷さんにマスク製造の過程を体験していただくために簡略化したものです。実際の製造工程とは異なる部分があります。

今回の牡蠣食う研究

美味しく食べる。それだけじゃ嫌ッ…!牡蠣の魅力を五感で感じる新商品を作りたい

この活動をSNSで応援ください!

みんなからの応援度(目標1000 シェア いいね! リツイート)

267応援

担当研究メンバー

    RESARCH RESULT


    そして遂に、この研究で完成した
    白いカキフライが、広島の街に登場!

    PICK UP

    広島を世界一おいしく牡蠣が食べられる街へ「牡蠣食う研(かきくうけん)」異次元の白いカキフライ
    この味、異次元
    「牡蠣食う研(かきくうけん)」研究成果第一段 白いカキフライ
    • 「牡蠣食う研(かきくうけん)」 白いカキフライができるまで 東京・阿佐ヶ谷の人気店「とんかつ成蔵」店主 ​牡蠣食う研メンバーの三谷成藏さんが監修!
    • 「牡蠣食う研(かきくうけん)」 白いカキフライができるまで 生でも美味しく食べられる広島県産牡蠣を ​贅沢に使ったら異次元の味わいになった?! 牡蠣生産者さんも加わって試作を重ねる日々
    • 「牡蠣食う研(かきくうけん)」 白いカキフライができるまで まるで刀の切っ先のようにキリっと立った 華やかな「剣立ち」がフライ食感の大きなカギ 糖分の少ない特別なパン粉を日本中から捜索
    • 「牡蠣食う研(かきくうけん)」 白いカキフライができるまで 牡蠣の風味をぎゅっと閉じ込めるのは、​フライ業界では常識破りの油の温度? 低温揚げを極めて、極上の食感へ

    牡蠣食う研究の一覧

    牡蠣食う研

    広島を世界一おいしく
    牡蠣が食べられる街へ

    ABOUT