NEWS

まだまだぁ!5月の牡蠣はわるあ「ガキ」…?

まだまだぁ!5月の牡蠣はわるあ「ガキ」…?
のこったのこったあ!
最後の最後、土俵際まで牡蠣を満喫

「r」のつく月も過ぎ、惜しまれつつ終わる
今季の牡蠣の大一番をご満喫ください

いよいよ5月。私たち牡蠣食う研がお届けして参りました「牡蠣食うカレンダー」も、最後の一枚となりました。各生産者さんのネット通販などでも、今年の牡蠣を生でご注文いただけるのはそろそろ終わり。今後秋の牡蠣解禁までは、冷凍牡蠣や牡蠣加工品、あるいは夏も食べられる希少な牡蠣…などなど、牡蠣の面影を訪ねながら過ごしていくことになろうかと思われます。この記事をご覧の紳士淑女の皆様!

今ならまだ間に合います。
(2020年5月1日現在)

STAY HOME推進中のいま、すべり込みでの牡蠣体験をお待ちしております。

お家で広島県産牡蠣をもりもり食べて、この秋、広島で牡蠣を楽しむことを妄想しませんか?

「牡蠣食う研オフィシャルカレンダー」は牡蠣ングダム加盟店を中心に、広島県内の飲食店で貼り出されています。

5月のコピーは〈わるあガキ〉

最近のニュース